読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうじゅんこうしん

地球で生きづらい27歳うちゅう女子の交信ツール

君のこと忘れようと思ったらよけいに思い出したんだ

今日は地元の祭の日だった

大好きなはずなのに私はいないことになった

いないことになっているから見に行けないんだ

だから無理やり予定作ったんだ

家族がいないってことを、みんなの前でさらすのたえれなくて

それを乗り越えれば幸せな場面に立ち会えた

家族ができる人をみんなの前でおひろめ

盛り上がるしご飯も超おいしいんだよね

好きな人も見れるししゃべれるし

 

去年も一昨年も憧れの人と少しだけ話せて嬉しかった

名前で読んでくれて心配してくれた

今年も電話くれたけど話せなかったなぁ

話したかった

遠くから見るだけで幸せだった

 

君のこと忘れようと思って

また君と出会ったような場にいった

やっぱり君が話やすかった

思い出したよ

話しやすくてカードくれてデートできて嬉しかったよ

だって、あの場で結ばれないことの方が多いわけだし、続くってすごいことだと思った

君のことを良く言う人はいないけれど

私は君のこと信じてる

終わりが曖昧でわからなくていいこともあるんだ

私は傷ついた

それだけ本気になってたし彼も本気だったのに

私は心ひらけなくて、彼は去っていた

あの言葉は忘れないし嘘じゃないよ

信じてる

だからもう会えなくても思い出の中で二人は輝いてる

 

忘れれない

他の人って思ったけど、忘れれない

今はこの気持ちを大事にしたい

948

うちゅうじゅん