読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうじゅんこうしん

地球で生きづらい27歳うちゅう女子の交信ツール

命日

531(^_^)v

今日は母の命日だった
いつも見てみぬふりしたりしてたけど
今日ははじめて仏壇と向き合って
お花にビールにお菓子を供えた

9年経って少しは変われたかな
後悔よりも何かできることはないか
そんなことを考えたら
こうやって家に住んでいることも
親孝行になっているのだと思う

母だけじゃなく祖父も思い出した
なんでかって
なんと派遣の契約が
母の命日から祖父の命日の前日だったからだ
命日はゆっくりしたいと願ったら
祖父の命日はゆっくりできそう
これも偶然なのか

このまいこんだ仕事も実は天から
母と祖父がいじったんだろうか
気付いてほしくて命日スタート、終了なのか
偶然にしてはできすぎている
これは本人にしかわからないし体験しないとわからない
不思議な数字マジックでした


お花は好きだったというひまわりの花
赤いカーネーションと悩んだけれど
黄色いバラに白いカーネーションも入った
少々お高めなのを購入
店員さんもやさしく
ひまわりが似合う季節ですねって
仏壇にかざるなんて言えなくて
母が好きなんですなんてとっさに言えなかった
これからもちょくちょくお花買おうかなぁ

お菓子は祖母が好きなの甘い母の好きそうなマドレーヌ
こちらも店員さんやさしく
マドレーヌ試食?一個オマケしてくれた
ラッキー
やさしい気持ちだとやさしくされるんだね

あんなに悲しかった場所も
今はおだやかにいれる
まだまだ悲しさもあるし泣ける
良かった
こんなに考えて悲しくて泣いたりできるって
素敵だ
なかなかここまでの感情になれない
家族って特別
ありがとう

ビールを供えて
一緒に飲みたかったなぁとか
孫の顔見せたかったなぁとか
思った
亡くなった直後はフラッシュバックや
受け入れられなくて
ずっと泣いてたっけ

お通夜は布団の横の祖母と手をつないで安心した
お葬式で祖母が青い靴下で変で笑った
母には悪いけど祖母がいてくれたから
まだダメージは少なかった

病院で一人でさみしくかわいそうに亡くなったと思い込んでたけれど違うみたいだね

どうやら神秘的な世界があるらしく
宗教や映画で来迎みたいに
楽しく素敵みたい
そしたら少し楽になったよ
このことを学ぶ9年だった

一緒にいた時間より
離れる時間が増えるけれど
過去の思い出は永遠
ずっとずっと宝物

来年はどうしてるだろうか
海外にいたりして


お母さん
元気ですか?

それだけです

023
うちゅうじゅん