読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうじゅんこうしん

地球で生きづらい27歳うちゅう女子の交信ツール

自分を信じて

信じるものは救われるのだろうか
人それぞれ信じるものはある
それはある人は神だったり
ある人は他人だったり
恋人だったり家族だったり
友だちだったりする

一番信じれるのは自分
一番信じれないのも自分


他人を通して自分が見えてくる
ということは他人を信じることで
自分も信じることができるのだろうか


友だちが、ある宗教を信じていまして
いわゆる新しいのです
ネットの評判は大人気で
普通は近づかないし縁がないところだ

しかも何年か前にトラブルもありまして
もう関わることはないだろうと思っていた
だけど友だちは今も信じ続けている

私にはどうすることもできない
だけどそんなに信じれる人や信じることがあるというのは正直うらやましかったりする
私にはそこまで信じれるものはないし信じたことはなかった

友だちが私に宗教を強制することはないし
私が友だちに宗教をやめてと強制するこはない
この関係が居心地が良くて好きだ

否定もしないし強制もしない
お互いのことを尊重しつつも無関心なわけではない


心の闇や隙間をみたせるのは
果たしてなんだろう

宗教や恋、酒やギャンブルなど
人それぞれで様々な形がある
依存することで何から逃れることができるんだろうか

結局のところ、自分を信じることが一番なのかもしれない
言うのは簡単だが実際となるとむずかしい


だから一生をかけて
経験していくのだ
心に残る思い出と
まだ見ぬ懐かしい人との
出会いを信じて

5:01
うちゅうじゅん