読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうじゅんこうしん

地球で生きづらい27歳うちゅう女子の交信ツール

遅らばせながらの本命就活

今移動中だ
本命の就活をしております
あんなに普通に働くのが嫌だったのに不思議だ
お金ために働きたくない
と思ってたらお金に困り働かざるを得ない状況になり
今の状況にいたる


なんだかんだ接客が好きだ
いろいろな人がいて面白い


26歳
多分最後の会社になるだろう
良い意味を込めて
独立するまでは
ここの会社で組織というものを学びながら
人とのつきあい方や人とのつながりを
大事にしていきたい


多くの人に支えられながら
生きてきた
ここまでこれた
大げさかもしれないけど
一人じゃここまでこれなかった
目には見えない不思議な力がはたらいている
宇宙や天使のサポートが大きい
この存在にどんなに救われてきただろう

大人になるにつれて
どんどん感情が鈍くなったり
ある時は繊細になりすぎたり
大変だ

でもそのぶん乗り越えた時や
優しくされると嬉しいし楽しい


やっと人として感情を味わうということを
できているかもしれない
いまだに嫌なものは嫌だけど
それはそれでいいとして


2月
今の会社には絶対に就職しないと思ってた
だけどなぜかまた縁があり入社
人とのつながりを大事にしていたら
自然とこういう形になりました

とまあ綺麗事みたいですが
実際は憧れの上司とつながっていたい
大好きだからまた話したいという
乙女心の不純な動機もある
それはそれでいいとして

なにが言いたいかというと

どんなに遠回りしても
さけていても
遅くなっても

たどり着く場所は決まっていて
どういうわけか
そうなっちゃうということ

きっとあらかじめゴールは決まってるんだろうけど
気づかないように
行かないようにしてるんだけど
いつの間にかたどり着くようになっている

障害物たくさんだと遅くもなる
だけど宝物も増える
人との出逢いや思い出


正社員もうなれないと思ってたし
なろうと思わなかった
寺に入ってリセットしてからリハビリして
ようやくここまでこれた


もうこの世にはいない
お寺で出会った二人に感謝
誰にも頼れない中で
唯一やさしくしてくれた人
わたしもそういう人になりたい


これからもこの世でがんばるね
見守っていてね


感触としては面接は通った。
出前味噌やけどね、全然難しくはなかった。
逆にこわいけどね。
最終面接どうなるやら。

人事を尽くし天命を待つのみです


おーじと出逢えて本当に良かった
おーじというのは憧れの上司で
私が仕事で悩んでいるときに
丁寧に話を聞いてくれたり励ましてくれたり
とにかく存在そのものがかっこよく
旦那さんかお父さんにしたいくらい
素敵で魅力的な方なのです


彼が今の会社の仕組みとかいろいろ教えてくれたり
悩みとか聞いてくれて
私はがんばろうと思えたし今もモチベーションにもつながっている

ほんま大好き
できるばまた一緒に働きたい
そのときはお互いに出世してるかな
それはそれで楽しい


寺にいた時には考えられなかった
出逢いや幸せや思い出がある
過去の自分へ言いたい
大丈夫だよと

だから今も悩んでる人がいたら言いたい
未来は自分で作れるよ
行動するのこわいけど案外うまくいくことの方が多いよ

まぁ自分も悩んでる人やけど

理想と現実を生きるバランス
やりたいこともしつつ資本のこともする


よし
気合いをいれてがんばるぞ


大丈夫
必ずできる
うまくいく

20:31
うちゅうじゅん