読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうじゅんこうしん

地球で生きづらい27歳うちゅう女子の交信ツール

死ぬときの目

今日は久々に祖母のところへ訪問。
友人も一緒だった。


なんだかシワが増えていた。
老けた気がした。
もう長くないかもなと感じた。
気のせいだったらいいんだけどね。


今まで家族を二人を看てきたんだけど
やっぱりね死が近い人の目はなんか違う。
これは見るしかない。
感じるしかない。
なんとなくわかるんだよね。
さみしさ、かなしさ
そういうものがにじみでてる。


エンパスの宿命だね。
だからね人の目を見るのが好きじゃない。
こわい。
目はいろいろ物語るよね。


友人はね
思ったことすぐ口に出す。
けっこうイラッともくるけど
楽しいや。
言っちゃダメなことも言えるってすごいやってね。


介護は慣れてるようだった。
なんと医学生になるみたいで。
すごいよなぁ。


雑音がうるさかったけど
自分らしく生きるや。


まじね
アルバイトとか正社員とか
確かにいろいろ違うけど
働いてるのは一緒だし。

なんというか正社員じゃないとダメだよね!
っていう考えの人といると疲れるや。

うちゅうじゅん
9:18