読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうじゅんこうしん

地球で生きづらい27歳うちゅう女子の交信ツール

やっぱり好きな人は好きなままで

どうやら私は惚れっぽいらしい。
少し優しくされただけで嬉しくなる。
すごく優しくされると大好きになる。
ようするに単純なわけだ。名前の通りで、たんじゅん!うちゅうじゅんのじゅんはたんじゅんのじゅん。

これは日常生活でも困ってたりする。
名前を聞かれた時に単純の純か純粋の純。
いつもは純粋の純と言っている。
名前の通りかはわからないけれど嫌なものは嫌だし好きなものは好きだ。
ただドMらしく我慢するのが得意みたいで。心では好きか嫌いかわかってても行動がともなっていない。
たちが悪いのは、その事に最近まで気付いていなかったし気付いても変われていない。
ようするに考えと行動が違う。
だけど、見方を変えれば考えても違うと判断して体が考えと違う方へ動くのか。


社会不適合者として自覚している割に普通に生きようと努力しているのだ。
全くもってバカだ。だらぶち
でも、まだまだ普通になれるとどこかで信じてる。だから、これからも挑戦してみる。ほんとバカだねー。だらやね!
今も正社員とか目指してみたり普通のアルバイトとかしてる。ボーナスもらうのが夢。だってボーナスもらえるまで仕事が続かないんだもん。
向いてないのわかってる。でも暇だしお金ほしいからしてるのかな。
一番はお金もらって人間を見れるって良いかなって。
人間の生態を見て感じてる。
我慢して仕事してる人だけじゃないなとわかってきた。中には素晴らしき人もいるんだなと。
この人間観察をするというのは普通の概念から外れてるし歪んでるのかもしれないけど、これが自分なわけで楽しみながら割り切ってやらないと苦しくてやってられない。

人間関係が苦しくなるのは日常茶飯事なわけで、そのときにアドバイスされたのが動物園と思えということだった。
だからね、仕事のときは人間の姿をしたいろいろな動物を見に行っている。中には狂暴すぎて嫌になりすぎたり関わりたくもないけど好きな動物もいるから、それを楽しみに行っている。
私には大嫌いなおばさんがいるのだか。
もう一度言う!大嫌いなおばさん。
相当嫌いなんだろうね。
そのおばさんは、正論で人間と関わらないと生きていけないとか人間が嫌で仕事が嫌とかは認めない感じで。どんなに私が傷つけられたか。
弱っているときや悩んでいるときに正論の凶器でぶったぎられた。

まぁ、そんなおばさんにもこの前仕事でちょっとした試験の合格の知らせを伝えたら喜んでた。しかも私以上に。ほっとさせてだってさ。
嬉しいような悲しいような複雑な心境だった。
だって今の仕事はじめる前から辞めたいんだもんね。辞退しようと思ってたのに、なぜか入社したんだ。嫌い嫌いも好きのうちなのか。
内定はいくつか出ていて、しかもこの仕事は一番時給が低いのだ。
なぜ選んだのか?


ここでやっと冒頭の惚れっぽいに繋がるのだ。
憧れの上司、だいぶ優しくしてくれた人と今の仕事は関係ある。
好きだった人からアドバイスやエールをもらってがんばろうと思ったのだ。
うん。なんてたんじゅん!
残念ながら既婚者で子どももいて。叶わぬ恋だと知っていても大好きだった。バレンタインにも渡せたし気持ちは伝わってると思う。
彼との出会いで良い方向へ進んでる気がしたんだ。

恋とは盲目だ。病気だ。夢を見させてくれた。大好きだったはずの彼を私は進行形で避けている。見れるだけで幸せだった。しゃべれたら思い出してニヤニヤしてた。気持ち悪いとか言わないで。
まだ会えることも喋るチャンスもある。
だけど、アイドル要素で見ていた彼のパパの姿を見て出る幕ないなぁって思って勝手に失恋した。イクメンだった。偶然見れたんじゃなく必然だったのかな。
イクメン王子の素敵なパートナーと結婚願望が生まれた。
失恋はしたけど清々しいかな。ダメージがないのは嘘になるけれど、なんか良かった。
彼が幸せそうなパパの姿してて、具体的な理想のパートナーがイメージできたから。感謝してる。やっぱり中身が大事ということを再確認できたよ。

どんな人と出会い
どんな恋をして
結婚もするのかなぁ?

7:28
うちゅうじゅん