読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうじゅんこうしん

地球で生きづらい27歳うちゅう女子の交信ツール

うちゅうじゅん誕生

どーも!
はじめましての人、前から知ってる人、たまたま来た人、なんか気になった人


ふざけた名前の『うちゅうじゅん』です。


なんかふと頭に名前が降りてきました。


前から真面目にブログを書かなきゃなぁとか
自分やブログ中身を変えたいなぁとか
思ってて


前はアメブロさんで『せーつき』として書いてた。なるべく毎日。これは完全に自己満で日常のくだらないことが大半で、たまに秀逸なのもあった。自分でいうのもアレだけど。書いてるのか自動的に書けてるのかわからない部分もあって。なにか体に降りてきてるのか体から湧き出ててるのかは謎。

不思議なことに追い詰められたり苦しいときに良い文が書ける気がして。
だからといって嫌なこと起きるのは勘弁なんだけどね。
まぁ平凡な毎日を送るよりも刺激があって楽しいのかもな。


簡単に自己紹介


名前 うちゅうじゅん

うちゅうからやってきた
じゅんすいなやつ

略してうちゅうじゅん!
ちょっと痛い名前だね。ふざけてるね。
まぁでも覚えやすいし一度聞いたら忘れなさそうかなって。
名字がうちゅうで名前がじゅんです。

わかりやすいし、おぼえやすいでしょ。
あと、ひらがなかわいいかなって。ばかだね。すみません。
まぁ一部の間ではじゅんとかじゅんちゃんって呼ばれてたし呼ばれてるから。
割と親しんだ名前で。
漢字は純が好きだし自分の名前もそうだけどこだわらないことにした。だからひらがな。
他の漢字だと潤や准が好きかな。ジャニーズ好きなことがバレちゃうね。わかるかな?イケメン好きなのは隠さないことにする。隠せない気がする。


なんか名前だけで割といっぱい書けたな。
思いつきの名前なのにね。こじつけが多いかも。


シンプルな理由としては
①自分は宇宙人だと確信した
②宇宙を知りたくなった
③宇宙人として生きたくなった
それかなぁと思ってる。

自覚して生きるのとそうじゃないと生きるのは違うから。
今まで宇宙の人や本とか響かなかったけど目覚めたのかもしれない。
無意識になんか北斗七星を見てたりする。
今までは、ただの星にしか見えなかったのにね。

方角が分かりだしたのかな。
自分の進むべき道が。
まだまだわからないし、どうなるやら。
わからない分だけ楽しみだったりする。


夢としては
ブログ読んで会いたいと話したいとか思ってくれたらなぁ
めんどいこともあるだろうけど誹謗中傷とかね。でもそれ以上に出会うべき人に会えて希望が広がると信じてる。


しかもね
スピリチュアル的には逆行やねん。
なにかはじめるタイミングではないらしいんやけど

ピピっときたから
勢いに任せて書いている。


やっぱり書くことが好きだ
今は書くことが仕事にならないけど
将来的にそうなれたらなぁと思ってる


書くことだけじゃない
やりたいことはいっぱいあるんだ

写真や書道、模写などなど。

筆をとること
画を描くこと
画を撮ること
文を書くこと

これをメインにやっていきたい

クリエイター
表現者として活動していく


今はバイトとかのワーキングプアだけど
稼げるクリエイターになれるんだと断言してみる。


5月24日は当たり前だけど6月24日までちょうど1ヶ月なわけで
6月24日はキーポイントの人の命日なので意識しつつ書いたり生きていけれたらなぁと考えてたり。

去年の5月24日は絶賛家でひきこもってた。
今年は仕事がやすみだった。
教会の前までは行ったけど入れずに近くの駐車場で山と田んぼと名前の知らない鳥を見てたら名前が降りてきて、猛烈に書きたいと思ったんだ。


稚拙な文、自己満足かもしれないけど読んでくれて共感してくれる人がいたら嬉しいな。
時には反感もあるかもしれない。でも、それは発信するからこそ生まれるわけで。恐れず本音を書いていきたい。
きっと私は少数の人にわかることを書いていく。それでいいんだ。

常識的な真面目な良い子ちゃんの文を書いても読んでもつまらないから。
いかに自分の失敗を笑いにできるかテーマだったり。
まだまだ消しゴムで消したい過去はたくさんあるし、これからとあるだろう。
でもネタができたと思って時間がかかったとしても開示できればどんなに楽になるか。


そんなわけで
2015年5月24日
水星の逆行中にブログをはじめるという
うちゅうじゅんです。
ほんまかわったよな。かわれたんかな。
ほんとは新月に始めれればエエのに。
でも、そういうのも枠でさ。
新月とか逆行とかわかってても書きたいわけだし始めたいわけだから、やりたいことすればいいんだよね♪
なにかのルールや縛り、縁起で生きるのも大事だけど時にはぶっ飛ぶこともありだ。

これからは、なんでもありの人生に。


長文読んでくれてありがとう。
他のも良かったら読んでってね。
探せば秀逸なの出てくるはず。


昨日の自分より今日の自分
過去の自分より未来の自分
変わった自分変われてない自分
他人からも自分からもわからない自分
全部自分なわけで
生きてるうちに少しでも理解できて活用できれば生きるのが楽になるのかもしれない


船の汽笛の音が聴こえてきた
こじつけかもしれないけれど
新たな自分の出発とかさなった気がした

世の中は海に似ている
泳ぎ方がわからないと溺れる
どこかの誰かの言葉を思い出した

自己流の泳ぎ方で
溺れない程度に生きていきたい


2:22
山と田んぼと風があるところより
うちゅうじん