読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうじゅんこうしん

地球で生きづらい27歳うちゅう女子の交信ツール

どうでもいい人とそうではない人

今年も婚カツをしていた

だけどうまくはいかなくて

だけど手放すと新たな出会いがあって

割り勘っていう新たな気づきもあり

男の人に慣れてきたかなぁ

でも、まだやっぱり苦手というか

ぎこちなくて

すぐには無理でも言いたいこと言いたい

そして昨日はそれができた

ただ、それは相手が相手で

嫌われてもいいや的な存在だったからかなぁ

自分にとって特別というか好かれたい人には

なかなか素を見せれないよ

だから苦しくなってさよならするのかなぁ

言いにくいことを言ったら、スッキリしたし

嫌われるかなぁと思ったけど、むしろ良くてびっくりしたなぁ

今後どうなるかなぁ

 

私の向かう先は男やなく

自分のしたいことなんでしょう

自分のしたいことをしていたら、パートナーに会えるんでしょうか

 

今年もありがとうございました

自分もばぁちゃんも無事に過ごせたことに感謝です

来年もよろしくお願いします

大事に生きよう

 

938

うちゅうじゅん

会いたいと思っても会えなくて

今年はどんな年だったか

二回沖縄へ行きました

仕事ほどほどにして

暮らしてました

 

久々に女を意識して

がんばりました

好きな人に会えるって幸せだ

 

来年で10年らしいので

なんだかよくわからないけれど

ここまでよくがんばったなぁとか

生きてるというか

ほめたいよ

 

もうそろそろ

自分の幸せを願おうと思うのでした

 

 

私は一般人では終わらない

大成してみせる

それだけは心に誓ったのでした

 

おつかれさま

ゆっくりやすめないけど

よくがんばっている

沖縄までがんばろうやないか

 

大丈夫

きっとうまくいく

 

1802

うちゅうじゅん

感情が溢れ出す

孫と祖母のラブラブな感じを見て泣けてくるんだ

ばぁちゃんばぁちゃん

そう呼ぶと優しそうに返事をするんだ

年が離れれば離れるほどかわいいんだ

あの時間は宝物だった

特に私と祖母は特別だった

二人でがんばってきたから

それなのに

邪魔が入って

二人は離ればなれになって

もう心は通じないのか

悲しいよ

苦しいよ

ばぁちゃんと呼んでも

返事されないよ

あなたは誰

私は誰

我慢してきたものが溢れ出す

ただあの時間は戻れないけど幸せだった

そう思った

ありがとう

もう少しがんばりたい

あきらめたくない

 

551

うちゅうじゅん

夢に出てきたのは君で、さらに夢の中で思いだしていた

今年もそろそろ終わるらしい

掃除は毎度のごとく苦手だ

婚カツと言われるものをがんばったかな

就カツと言わものをがんばったりもした時期があったけど、すればするほど迷いとわからなくなる

ただ、自分がどう生きたいかは見えてきた

なんでもやってみないとわからないよね

 

いろいろな人と出会い

うまくしゃべれなくて

悔しくて

でもたまにうまくいって

ニコニコして

仲良くなったかなぁと思ったら

さよならして

でも、その時に必要なことを教えてくれました

ありがとう

 

 

特に旅先で出会った君は忘れらないし忘れたくない

私にとって特別だった

今回、これで最後でも来世では、もっと一緒にいたい

 

周りでも輝いてる人がいてさ

そしたら自分も輝きたくなって

動きたくなったよ

今の時期調子悪いし

あんまよくないらしいけど

やるだけやってみようと思ってる

 

適当に生きて

適当に笑うのはやめて

本気で生きてみたい

来年で母と別れて10年

祖母はどうなるでしょうか

生きていてほしい

神様

どうか私と祖母を守ってください

お願いします

私はこの世界でがんばりますから

もう少し待ってください

 

 

今日もがんばろう

 

 

今年はよくがんばった

振り返りはまた次回

 

 

ポケモンするどー

 

 

うちゅうじゅん

950

君とさよならして4ヶ月なんだ

なんでだろう

なんでだろう

どうして悲しいんだろう

泣けてくるんだろう

また会いたいと願ってしまう

君が住んでいる場所をテレビでみただけなのに

最後に会ってから4ヶ月か

まだだ

まだ覚えている

忘れない

忘れたくない

どうすればいい

この気持ち

またあの場所へ行って

きみに会えるはずないのに

私は一人で泣くんだ

そしたらどうなるんだろう

今年もやっぱりひとり

変わったのは少しゆとりかな

やわやわいきてます

 

012

うちゅうじゅん

夢の世界から日常へ

小さい頃からみていたテレビの世界

そこは不自然でもあり自然でもあり

そして窮屈でもあった

ただの傍観者ではなく私も参加したいと願う

ただほんの少しの勇気がなく出番はなかった

本を書いている有名な彼は雰囲気がイケメンだった

面白いし求められていることができる非常に賢く腰も低い

話せて良かったなぁ

もっと仲良くなりたいし話たいなぁ

もっともっとがんばって近づきたい

正直ついていくのが精一杯だった

わからないこともあったのは知識不足であり

私には無理かもしれないとと

でもこれで終わらない

番組が続く限り私はあの席に座るのが夢なのだ

肩書きやなく実力でものにしたい

ただの27歳フリーターでの世の中を良くしていきたい

その思いが届くと叶うと信じて

 

2330

うちゅうじゅん

オーディエンスへ行ってきたの巻

急遽、予定が決まり上京してきた

目的はお寺へ行くことでもあり

番組の観覧である

はじめて行った

なかなか入れない場所へ入れた

あぁあの朝の番組のスタジオはここなのかぁ

とかオーディションしてるやん

とか、もろ素人丸出しだった

いつか出演者として当たり前のように出入りするようになるのではないか

そんな変な自信がある

人に言ったら笑われてもいい

今に見てろよと

この悔しさをバネにして

這い上がってみせる

みたい景色があるから

オーディエンスだったけれど

私はあのイスの席で発言権がある人でいたい

そんなことを感じた日でした

 

ただいま

無事に帰れて良かった

明日からキツいけどがんばろう

 

2358

うちゅうじゅん